HOME>注目記事>医療の観点からアシストしてくれるためリバウンドのリスクが低く健康や産後にも良い

専門家の指導だから安心

妊娠すると予想以上に太ることも多々ありますが、その場合は医療機関が提供するメディカルダイエットを活用しましょう。医療の観点から体重コントロールをアシストしてくれるため、リバウンドしないダイエットという側面を持っているのが特徴です。内容は個々で違いますが、食事指導を栄養士から受けたり、体組織の管理など、専門家の指導の下で痩身に取り組めます。そのため単に体重を減らせるだけでなく、生活習慣病を防いだり、効果的な栄養摂取でアンチエイジングにつながるのも特色です。何より自己流の無理なダイエットではリバウンドを招きかねないため、体重を減らしたい時はメディカルダイエットを検討しましょう。

指示通りに続けよう

食事の分量は同じでも、体重の減り方は筋肉のつき方や基礎代謝などによって個人差があります。なのでほかの人より体重の減り方が少ない場合でも、焦ることなく医師や栄養士の指導通りにダイエットを続けましょう。自己判断で食事量を変えたりすれば、せっかくのリバウンドしないダイエットも効果が薄れる場合があるのです。また、メディカルダイエットでは定期的に食事内容や体重を報告することが多いので、日々の記録を忘れないように注意してください。

自己判断でやめないで

メディカルダイエットでは栄養指導のほか、運動療法も取り入れることがあります。もしも緩やかなトレーニング方法を案内された場合は、効果がないように感じるかもしれませんが、キチンと行っておくのが大切です。例えばインターマッスルはハードなエクササイズでなくても鍛えられるので、動作は少なくても効果を得られたりします。とくに骨盤のインナーマッスルを鍛えておけば産後の骨盤の締まりも良くなるので、リバウンドしないダイエットと合わせて一石二鳥の効果を期待できるのです。